2017年3月17日 (金)

親しい人たちに囲まれた和やかな結婚式

家族と少しのご友人を招いた

落ち着きのある結婚式をおこないました。


”ゆったりとくつろげる結婚式にしたい”


そんな希望を受けて始まった結婚式づくりは、

歓談も多く、おいしいものにこだわった時間となりました。

Dpp_0121m

おふたりを良く知る皆さまに見守られて、

永遠の誓いをかわすと、挙式会場は温かな気持ちで満ちていました。


Dpp_0413m

乾杯のグラスを交わしたあとは、

スピーチもなく、少し長めの歓談タイム。

おふたりより、

「ゲスト様とのひとときを楽しみたい」と希望をうけ

構成した進行表でしたが、終わってみると、

「まだ足りないくらいでした」という想いだったようです。



お色直し後、各卓フォトをおこなったあとは、

ご友人による歌のプレゼントタイム。

Dpp_0627m

新婦のご友人様による可愛らしい余興を、

ニコニコ微笑みながらご覧になるおふたりの様子が

とても幸せそうで印象的でした。



ブライダルシーズンとなる3月、4月を前に、

親しい方を招いたご結婚式となりました。

コスト面でも相談に乗りつつ、

料理にはこだわり、撮影などの面では、

弊社ならではの利点を活かして抑えつつ、

結果的には、自己負担金額も本来会場を使用した際より、

50万くらいは抑えられたのではないでしょうか。


着たかったドレスも着られて、

ご新郎ご新婦おふたりからは、大変お喜びの声をいただき、

プランナーとしても、ホッとひと安心の結末となりました。


ゲスト80人以上の大人数の結婚式も賑やかでよいですが、

弊社プロデュースでは、ご家族だけの30人ほどの結婚式から、

今回のようなご家族+αの40人規模の結婚式も多く扱っております。


規模が小さくても、プロの司会者を入れ、

食事会のような区切りのないものではなく、

しっかりと形式にのっとった結婚式にしてはいかがしょうか?


おふたりのさらなるお幸せを願うとともに、

春~夏に向けてご準備されている方に、

安くても安く見えない、ご満足いただける結婚式を挙げていただけるよう

精一杯つとめていきたいと思います。



担当プランナー : 山本 佳代

|

2016年8月 5日 (金)

感動し合える結婚式

夏の日差しが照らす外に出られる挙式会場で、

今回ご担当させていただいたおふたりは結婚式を迎えました。


都内で独立式のチャペルがあり、

ガーデンのように一度、外に出られる会場は、

カンドウ提携会場でも人気があります。

大きく広々としたチャペルとともに、

ゲスト様と戯れる時間がとれる、こちらの会場を気に入り、

迎えた当日は、青空に恵まれ、喜んでいらっしゃいました。

 

憧れの外でのフラワーシャワー。

風に花びらがキレイに舞い、本当に幸せな笑顔を浮かべていました。

Dsc_3197

 

ご新婦様こだわりの南国系をイメージしたケーキ。

お花をたくさんちりばめ、かわいらしい雰囲気のケーキに、

ご新婦様も大変喜ばれていました。

731

 

持ち込めるものは持込み、

会場の演出などでこだわるところはこだわり、

結果的に、おふたりが希望する結婚式を、

おふたりの予算内にておこなうことができました。



毎回ではありますが、1組1組しっかりと向き合う弊社は、

件数は式場には劣りますが、その分、より近い形で、

おふたりを当日まで安心してご案内することができます。

だからこそ、当日をともに過ごすと、

おふたりの人柄や今までの準備の苦労も共感し、

プランナーである私たちも、ゲスト様と同じように感動をもらいます。


初めてお会いしてから半年以上。

短いようで、密度の濃い時間を共に過ごし、

幸せな笑顔に立ち会えたことを幸せに、

また次のお客様にも同じ想いを感じていただけるよう、

精一杯つとめていきたいと思いました。


「ありがとうございました」


感謝の言葉をいただいて、

それだけで、ご担当できてよかったと心から感じます。

感動を与え、感動をもらう。

幸せなひと時のお手伝いは、現在、秋の結婚式に向けて、

プランナーそれぞれが各お客様と向き合っております。


本当に、おめでとうございます。

いつまでも仲良く、ご友人様を大切に、

幸せな結婚生活を送っていただけることを願っております。


担当プランナー : 平田 絵里

|

2016年5月27日 (金)

音楽あふれる結婚式

今回担当させていただいたおふたりは、

新婦様が楽器を演奏される方で、打ち合わせ当初より、

「ご自身でゲスト様へのお礼として演奏したい」と

生演奏をご希望されていた方でした。


そんな方のご友人だからか、

ご友人様にもピアノを弾かれる方がいて、

とにかく、生演奏の多い音楽あふれる結婚式となりました。

T_y_0867

お着物を着られてのご友人様のピアノ伴奏。

和の見た目からは想像できないような

ポップで美しい音色に、会場内が感動に包まれました。


そのあと、こちらのピアノ伴奏に合わせ、

ご新婦様が演奏され、さらに感動的なシーンとなりました。


T_y_1011_2

結婚式は、おふたりからゲスト様へ、

日ごろの感謝を伝える場面でもあります。

お祝いされるだけではなく、

おふたりがおもてなしをし、楽しませる。


今回は、特にそのような場面の多い結婚式となり、

来てくださったゲストの方々も、

「すごくいい結婚式だった」とお声が上がっておりました。

おふたりも、そんなお声を聞いて、嬉しそうにされておりました。



よい結婚式。

それは、おふたりのお人柄、想いによって形は異なります。

ただ、それを考え、楽しんで頂けるように悩み、おこなう。

それによって、大きな感動が生まれるのではないかと思います。

いっぱい悩んだ新郎新婦様を見ていたからこそ、

私自身も、とても感激した結婚式となりました。


おふたりの想いがゲスト様に伝わり、

今後ますます強く、支えあえるご関係性へと結ばれればと思っております。


ご結婚おめでとうございます。

弊社プロデュースをご利用いただき、本当にありがとうございました。



担当プランナー : 西村 薫



|

2016年5月 6日 (金)

光の演出のある結婚式

最近は、新規の方の問い合わせも増えており、

下見にいきつつ、各プランナーが担当のお客様と

日々やりとりをすることが続いております。



先日の結婚式では、各卓でおこなった光の演出で、

会場中が神秘的な美しい輝きに満ちました。

5731

お客様にご協力いただいて花びらを入れると、

色とりどりの光で輝き、ゲスト卓を照らします。

男性女性問わず、多くの方から「えー!」「わー、きれい!」など

嬉しい反応が出て、おふたりもご満足されておりました。



カンドウプロデュースでは、

ほかの格安婚とは違い、会場の商品も使えます。

格安だからって、何の演出もさせないということはなく、

抑えるところは抑えて、やりたいことはやる!

そんな気持ちで、お客様のご希望を叶えるため、

会場と間に立ち、各プランナーが滞りない進行をサポートします。



「やってよかったです」

「楽しかったです」

「カンドウさんに頼んでよかったです」

「○○さんに担当してもらえて、よかったです」



そんな言葉が、各プランナーの背中を押し、

次に出会う新郎新婦様へと、やる気のリレーをつないでいます。

お客様あってのプランナー。

その気持ちを忘れず、なるべく不安なく、

料金もそれ以外もサポートしていきたい。

そう思っています。



今回のお客様は、手作りも多く、

いい結婚式にするため、一生懸命がんばって準備されていました。

その努力の結晶が実る当日は、本当にゲストも一丸となり、

大変あたたかな雰囲気に包まれておりました。



数ある中から弊社に決めていただいた感謝を忘れず、

その気持ちには精一杯こたえたいと思っています。



ステキな結婚式に立ち会えて、とても幸せに思ったおふたりでした。

おふたりの新しい出発が、幸せと笑顔に包まれますように願っています。



担当プランナー : 鬼塚 綾

|

2016年3月18日 (金)

リラックマいっぱいの結婚式

結婚式会場は、おふたりの色が出るものです。

今回のご新婦様は、初めてお会いした時から、

リラックマグッズのついた方だな、と印象がある方でした。

話を伺うと、ご自宅にもたくさんいる、とのこと。


実際にご契約いただき、打ち合わせが進む中で、

ゲスト様にお子様も多いとのことでしたので、

「リラックマさんたちを使って、会場を可愛く」をテーマに、

会場づくりを進めることになりました。

 

結果、当日には、こんなにたくさんにリラックマが集まり、

賑やかな会場に。女性やお子様たちが特に喜んで写真を撮られていました。


▽リングピロー

Img_0045_2


▽メイン卓装花

Img_0187_2


▽受付まわり

Img_0192_2


▽ウェディングケーキにのっていたマスコット

Img_0581_2

いろんなところに、リラックマさんたちがいっぱいの会場。

喜ぶ新婦様の姿に、にこやかな新郎様。

仲睦まじい様子が、とても初々しくステキなご夫婦の雰囲気が出ていました。



リラックマさんたちとともに、

楽しく笑顔あふれる結婚生活をお過ごしください。

「夢が叶った!」と喜んでいただけて、幸せに思います。



担当プランナー : 平田 絵里

|

«新年のご挨拶